つかびーの技術日記

情報系修士卒のWeb系技術日記です。現在のフォーカス分野はアドテクです。

npmのpeerDependencies requirementsエラーの直し方

   

npmで毎回ハマっている気がするのでメモです。

Node_js

npmを使ってpackage.jsonで利用モジュールの管理をしていると、たまに何もしていないのにnpm installでエラーが発生し始めます。

エラー

エラーはこんな感じ。

peerDependencies requirementsと言っていて、ここだけみると訳がわからない。

原因

上記のエラーの場合、原因は簡単で、peerDependencies requirementsの1行下にそのまま出ています。

grunt-tslintが2.5.0がtslint 2.5.0-beta以上を要求しているけど、実際はそうなっていないことが問題です。今回はgrunt-tslintでしたが、これはもちろん人によって違うと思います。

解決方法

上記の場合依存moduleであるtslintを2.5.0-beta以上にしてあげれば良いです。つまりpackage.jsonを修正すればOKです。

簡単ですね。簡単なのになぜかハマってしまったという・・・。

簡単に依存性を上げたい

davidというnode moduleを使いましょう。

npm install -g david
david

これでpackage.jsonに書いてあるmoduleたちのversionが古いかどうか調べてくれます。

自動でpackage.jsonを書き換えて最新versionにしたいのであれば

david update

これだけです。

詳しくはこちらの記事のdavidの項目を御覧ください。

npmのあまり知られてない機能 10選

それでは快適なnpm生活をお送りください。(これで問題解決しなかったらごめんなさい!)

 - Node.js , , ,